木で作られた病院の模型

クラミジアの検査はどんな内容?

クラミジアは日本で最も感染者の多い性感染症です。
クラミジア・トラコマティスと言う細菌が性器や喉の粘膜に感染する状態を言います。
粘液があれば感染するので直腸にも感染することが知られています。

ただし、感染しても自覚症状がほとんどないため半分ぐらいの方が気がつかないで過ごしているというのが実情です。
女性の場合は、おりものの増加や不正出血などが現れることがあります。
男性の場合は、性器のかゆみが主な症状です。
感染を広げないためには疑わしい人とセックスした場合には、病院や専門のクリニックに行って検査することが必要です。

検査は細菌の有無によって行われます。
男性なら尿道にいることが多いので尿検査、女性の場合は子宮頸部にいるため子宮頸管の分泌物や擦過物を使用します。
もし、喉に感染している恐れがある時には、うがいをした液や喉をこすった物を使います。

クラミジアは1週間から3週間ほどの潜伏期間があります。検査するためには感染してから3日ほど経つ必要があります。
セックスをした翌日ではわからないことがあるので少し時間をおきましょう。
病院やクリニックの設備によって異なりますが、検査を行ってから結果が出るまでには最短で即日、長くても1週間程度かかります。

女性の場合、感染してから期間が空いていると奥の方に進行して卵管や卵巣まで至ることがあります。
その場合、尿検査や擦過物での検査はできません。そのため代わりに行われるのが血液検査です。

この方法は細菌を直接確認するわけではなく血液にある抗体の有無を判定します。
そのため、もう治っている場合でも抗体が残っていれば陽性反応が出ることがあります。
陽性反応が出たら検査、診察、治療になります。窓口での負担金はだいたい3,000円になります。

もし感染しているようなら細菌を死滅させることで治療します。かなり効果が高い治療なので短期間で終わります。
医師の指示に従って確実に直すことに専念しましょう。

自宅でも使えるクラミジアの検査キットについて

性感染症と言うと人に知られたくないと言う気持ちになると思います。
そのため病院やクリニックに行くことが恥ずかしいと言う理由で放置してしまうことがあります。
女性の場合、細菌が奥まで進行すると重症化する恐れがあるので早めの検査が必要です。
そこでおすすめなのが自宅での検査です。

クラミジアの検査キットは、通販で購入することができます。
インターネット上でクラミジアを含む検査キットを購入すると郵送されています。
パッケージが一見検査キットとはわからないようになっているものが多いので安心です。
送り主もわからないように工夫をしてくれる業者もあります。

それでももし、受け取るのが恥ずかしいようならコンビニなどで通販の荷物として受け取ることも可能です。
多くの販売先で検査キットであることを気がつかれないに工夫がなされています。
クリニックや病院にいけないほど恥ずかしいと言うことですから、細心の注意が払われているようです。

使い方は、検査キットの中に書かれています。基本的には感染してそうな場所の粘膜をこすり取って郵送すると言うものです。
感染している部位によって使い方が違うため注意しましょう。しっかりと検査のサンプルが採取できたら、検査機関に郵送しましょう。
検査機関は送られて来たサンプルにクラミジアがいるかどうか検査して感染を判定します。

検査キットの値段は5,000円から8,000円が相場です。
クラミジアだけの検査キットはないため、他の性感染症と一緒になっていることが多く、購入時には検査対象の性感染症にクラミジアが含まれていることを確認しておく必要があります。
検査サンプルの送付、受け取りなどが行われてweb上で結果が表示されます。
検査で陽性が出たら早めに治療しましょう。