木で作られた病院の模型

ジスロマックとアジーの紹介

ジスロマックは抗生物質のひとつで、性病であるクラミジアや歯周病の治療薬として使われています。
従来の抗生物質と比べると短期間での治療が可能で、1回の服用で7日間効果が持続します。
ジスロマックの主成分はアジスロマイシンで、アジスロマイシンは病原菌の蛋白合成を阻害し、増殖を抑える作用があります。
アジスロマイシンの効果は、クラミジアの他にマイコプラズマ、インフルエンザ菌などに作用し、アレルギー反応を起こすことが少ないためアレルギーのある人でも適用することができます。

また副作用も少なく症状が出ても下痢など軽度の副作用が短期間みられる程度です。
ジスロマックの主成分により感染症の原因となる細菌の増殖を抑制して治療することができます。
主成分のアジスロマイシンは血中に取り込まれてから効果が長時間持続することが期待できます。
そのためジスロマックはクラミジアや歯周病、マイコプラズマ肺炎などの細菌性の感染症に有効です。

感染症は病原菌が感染部に蛋白質を合成して増殖し、患部が炎症を起こして化膿などの症状があらわれます。
ジスロマックの主成分は細菌が蛋白質を合成する抑制する効果があり、二次感染することが多いクラミジアの感染症には高濃度で投与することで殺菌の効果が期待できます。
ジスロマックを飲む際には容量や用法を守ることで効果を得ることができます。

抗生物質のため、中途半端な飲み方をすると病原菌の耐性を高めることにつながります。
飲み方を間違えた場合には自己判断で量を減らしたり、症状が改善したと思って飲むのを止めることはないようにしましょう。
できるだけ飲む時間帯を同じにして、500mgを1日1回、3日続けて飲みます。

もしクラミジアに感染した場合には、ジスロマックを1000mg、1回服用して病原菌を一気に死滅させると90%は完治できると言われています。
飲む時間帯を決めることは大切で、飲むタイミングとして食前や食後など指定は特にないのですが、副作用の下痢や腹痛の症状があらわれることを考えると食後2~3時間程度は空けて飲むことが良いです。
胃腸が弱い場合には、ぬるま湯と一緒に服用して、臓器への負担を軽減することができます。

ジスロマックはクリニックなどで処方が可能です。
個人輸入の通販でも購入できるので、その場合には信頼できる通販サイトを利用して容量用法を守って飲むようにします。

ジェネリック医薬品のアジーについて

ジスロマックにはジェネリック医薬品のアジーがあります。
ジェネリック医薬品は先発医薬品のジスロマックが開発されて、ある程度の期間が経ち、特許が切れてから開発されたのが後発医薬品のジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品のアジーはジスロマックと同様に主成分はアジスロマインで、アジーはジスロマックと同様の効果を安全に得ることが期待できます。
ジェネリック医薬品に抵抗がある場合も考えられますが、中身は同じなので低価格で服用できるアジーを検討するのも良い選択と言えます。

アジーはアジスロマインを主成分とした抗生物質で、クラミジアや歯周病、肺炎などの細菌感染症を原因とする幅広い病気に有効です。
ジェネリックですが、ジスロマックと比べて効果が劣るということはなく、細菌を死滅させることができます。
価格もジスロマックと比べると安価なので気軽に購入できます。
ジスロマックの通販サイトでの価格は1箱2500円程度ですが、アジーは1箱2000円程度です。

アジーもジスロマックと同様に容量や用法を守って服用しましょう。
アジーは主成分のアジスロマイシンの量が250mg、500mg、1000mgの3タイプあり、クラミジアの治療で服用する場合にはアジスロマイシンを1000mg服用します。
どの錠剤であっても1度に1000mgになるように飲むことが必要です。
クラミジアの治療であればアジーを1回飲むことで治療を終えることができます。
副作用はジスロマックと同様に少ない薬ですが、下痢や腹痛、胃痛などの症状の可能性があるので、食後や食前は避けて空腹時に飲むことが良い飲み方と言えます。

ジスロマックはクリニックなどで処方が可能ですが、ジェネリック医薬品のアジーを購入する場合には、通常の通販サイトではなく、個人輸入代行業者の通販で購入します。
処方箋がなくても購入できますが、信頼できる通販で購入して、飲み方は自己責任で服用します。
しかし、性感染症などの疑いがある場合に恥ずかしくて病院を受診せずに感染を広げるのであれば、信頼できる通販で購入して容量や用法を守って治療をすることも検討すると良いです。
アジーやジスロマックは即日発送の通販サイトを選びましょう。ネット総合病院は安全に医薬品を購入することが可能なのでおすすめです。