会社の行き遅れババアと乱〇してしまった体験談

入社から3ヶ月後に行われたのが新入社員歓迎会、他の会社に比べ新入社員歓迎会が遅いのは離職率が非常に高いから、3ヶ月後に残った者は営業成績が良いだけでなくメンタルも強い。
入社してからは各部署に分かれるため、歓迎会で同期入社した連中に会えるのは3ヶ月ぶり、久しぶりに見る同期は皆逞しくなっており、その中に自分が居ることは誇らしい。

離職率が高い会社の中で比較的社員に優しいのが私の所属する部署、優しいと言っても他の部署と比べて、他の企業に比べれば十分に厳しい。
私の上司は34歳の主任(行き遅れババア)、彼女はヘッドハンティングされ入社しただけあり、かなりのやり手、やり手だと共に働く者からすると目障りな存在。

34歳の主任(行き遅れババア)は独身、いくら仕事が出来ても1度も結婚をしていないと、何処かに欠点があると思われるのが日本社会の悪いところ。

新入社員歓迎会は、ホテルの会場を貸し切り各部署合同で行われるため多数の者が参加、その日はたまたま取引先の都合で歓迎会に遅れると、既に会場は盛り上がっていました。
仕事では上下関係が厳しいのですが、歓迎会は異様なくらいに盛り上がっている、遅れた私は同期に「何でこんなに盛り上がっているの?」
同期、「あそこ見てこいよ」
同期が指差したのは男性社員達が輪になって集まっており、新入社員の私は輪の外から輪の中を覗くと、輪の中に居たのは酔って全裸の爆乳女。
「次、誰がやるんだ?新入社員でも良いんだぞ」、すると私が所属する部の課長が私に「次はお前いけ」
私、「いけって、何をするんですか?」
課長、「新入社員は黙って上司のうことを聞いてれば良いの」
私は課長に洋服を脱がされると
課長、「早く主任とヤレ」
輪の中に居た全裸の爆乳女は、私の上司である主任(行き遅れババア)、遅れて来た私は主任がどうして全裸なのか理解ができませんでしたが、輪の周囲にいる者が「早くぶち込め」
服を脱がされ全裸の主任は、「早くおいで」
輪の周囲の者、「いいぞ、主任」
周囲を見ると同期は皆裸、どうやら同期は皆主任とエッチをしたみたいのため、私だけしないのはマズイと思い主任(行き遅れババア)にフェラチオをしてもらうと、ヘッドハンティングで入社しただけあり主任はやり手でフェラテクは抜群。

フェラチオで良い思いをするのは男、部下だけ良い思いをするのはマズイため、最後は主任とSEX。
主任との乱交は朝まで続いたのですが、始業時間が始まると何も無かったように皆仕事をするのですから、主任を含む皆はメンタルが強い。