ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして第1話あらすじ・ネタバレ | パスタすら食べたことがなかった少女にパスタをごちそうしたら・・・❤

■ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

第1話 雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽道で拾ったガリガリ娘にパスタをごちそうしたら・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして第1話【あらすじ】(ネタバレ)

少女は男から長年に渡り監禁されながら性暴行を受けていた。
そんなある時、少女は男が酒を買いに出て行った隙をうかがって脱出をした。

外は小雪が舞う寒い夜であった。
冷たい風の中、男が追って来ないか何度も気にしながらも全力で走った。
しかし薄着で裸足と言う格好で脱出した為、寒さに耐えきれずに道路の脇にうずくまってしまう。

そこに一人のサラリーマンが通りかかるが、少女のいで立ちに異常を察知し警察に連れて行こうとする。
しかし、少女は連れていかれるのは嫌だと、満身の力を込めてそれを拒否をするのである。
だが、抵抗をするも空腹の為か力尽きて倒れてしまうのであった。
男性は仕方なく少女を自宅へ連れて行き保護するのであった。

男性は簡単な手料理を用意していた。力尽きた少女の為にである。
やがて意識が戻った少女は男性の問いに重い口を開け、自分の名前は「ナナ」であると告げた。
ナナは何故ここに連れて来られたか男性に執拗に聞くが、自分の状況に関しては一向に口にしない様子であった。

暫くすると、お腹が空いていた事に気がついたのか、ナナは目の前に出された料理を一心不乱に平らげてしまった。
その後に彼女の口から出た言葉は意外なものだった。
「男は皆、女とセッ○スしたいだけ」と言うのであった。
男性は耳を疑った。
少女を助けたのは常識的に行動したまでだったからだ。決して下心など持ってはいなかった。

しかしナナは「料理のお礼にセッ○スをしなければいけない」と思っている口調で男性の話を畳み込んだ。
そしてナナは自分から男性の股間に手を伸ばし始め、やがて口で奉仕をし始めたのだった。
男性はそんなナナの奉仕を不覚にも許し、心とは裏腹に勃ってしまうのであった。

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして第1話【感想】

正直、最初に性暴力から始まるシーンには痛々しい感じを受ける。
しかし、そんな状況を打破すべく脱出し成功する少女には「強く・逞しい」姿も垣間見える。
そんな少女の心の傷は大きく、なかなか心を開かないシーンにも痛みを感じるが、逆に男性の温かいもてなしと心遣いには温かい人間味を強く感じてしまうところである。
少女の話とサラリーマン男性との会話では、身の内を明かさない少女の「影」と、どうにか心を開かせようとする男性の「日常」と言う陰影の対比があり興味が深まるばかりである。
そして少女からの「奉仕」を許し敏感に感じ、勃ってしまうのは悲しい男のサガであろう。
通貫して感じる事は、少女の心の奥には「男性からの性圧力」がトラウマとして残っていると言うところである。
彼女にとって時間を重ねるにつれ、いつの間にか「男に尽くす」ことが「常識」且つ「強制」になってしまっているところが痛々しく感じるところである。
しかしこの彼女の深い心境が、痛々しくも話のバックグランドを支えている部分でもある。

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽パスタのお礼にヌイてくれるガリガリ娘❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用